FITC Tokyo 2015
DesignDev
  • 2015-02-07 00:00:00 2015-02-08 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2015 Tokyo FITC
  • Tokyo

Presentation

Overview

デビッド・オライリー氏が3Dソフトウェアを使用したアート制作プロセスについて講演を行い、誤解されることが多いこの新しい媒体に関するインサイトを披露します。

対象者

モノ作りに携わっている人、3Dアーティスト、デビッド・オライリー氏の作品概念に興味のある人。

講演の主な内容

  1. Nothing(何もない)
  2. everything(すべて)
  3. the inverse of nothing(何もないことの逆)
  4. the converse of everything(すべての逆)
  5. crochet(かぎ針編み)

 

 

David OReilly will speak about his process in creating art using 3d software, and give insight into this new, often misunderstood medium.

Target Audience

People who create things, 3d artists, anyone interested in the thinking behind David OReilly’s work.

Five things audience members will learn

  1. Nothing
  2. everything
  3. the inverse of nothing
  4. the converse of everything(
  5. crochet