FITC Tokyo 2013

2013-01-26 00:00:00 2013-01-27 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2013 是非、FITC Tokyo 2013で新しいアイデアやコンセプトを見つけ、デザインとアートに関するテクノロジーの限界を打ち破ってください。どのようにデザイナーや技術者たちが、利用するツールを元々の設計意図を超えたまったく新しい形につくり直し、望むものを手に入れるため新たな方法を見つけ出し、平凡に陥らないために可能性の枠を広げているのか、こうした彼らの挑戦をFITC Tokyo 2013で体感することができます。 今年、4回目を迎えるFITC Tokyo 2013では、世界中から、現在活躍中の魅力的なデジタルクリエイターが来日し、プレゼンテーションを行います。 イベント開催日時:2013年1月26日(土)-27日(日)13:00~18:35  セッションスケジュールはまもなく公開! 全セッション逐次通訳となります。/ All sessions have interpretation in order.
参加対象者  デジタルクリエイターのみなさんです!デザイナー、開発者、デジタルアーティストなど、デジタル空間で何かを創り出している方ならどなたでも大歓迎です。技術的なセッションから、ひらめきを得られるセッションまで、キャリアを問わず役立つセッションが必ず見つかります。 FITCについて FITCは、参加者にインスピレーションを与え、学ぶ場を提供し、課題を投げかける、デザインとテクノロジーに特化したカンファレンスやセミナーを世界中で開催しています。2002年より、トロント、アムステルダム、東京、サンフランシスコ、シカゴ、ソウル、ニューヨーク、ロサンゼルスをはじめ世界の各都市で、志を同じくする専門家や学生を集めたイベントを開催しています。FITCのイベントは常に、インタラクティブ、テクニカル、デザイン、ビジネスに関連する最先端の話題を取り上げ、急速に変化し続ける業界で活動する参加者たちが最新の情報を得るために欠かせない、専門性の向上およびネットワーキングの機会を提供しています。FITCは独自で、または他のイベント団体と協力して、年間を通じて多数のイベントを開催しています。 FITC Tokyo 2013 Explore NEW ideas and concepts, explore and push the limits of technology in design and art at FITC Tokyo…
Tokyo, Japan FITC
Tokyo, Japan

Presentation


Overview

クリエイティブラボ「PARTY」は、ウェブキャンペーン、テレビコマーシャル、モバイルおよびウェブゲーム、テレビ番組、デジタルサイネージ、TVグラフィックス、書籍、玩具、さらには音声付きトイレまでを手がけています。

エンジニアリング出身の二人のクリエイティブディレクター、中村洋基と清水幹太の技術的な洞察により、PARTYは、新しいものを作り出すための「新しい創造プロセス」を探求します。

このセッションでは、この二人のクリエイティブディレクターが、自身のエンジニアリングやプロトタイピングが、実際のクリエイティブディレクション/プランニングのフィールドでどのように活用され、その実現に何が必要かを紹介します。

The work of a Creative Lab “PARTY” ranges from web campaigns,
TV-Commercials, games on mobile and web, TV shows, digital signage, TV
graphics, books, toys and even a talking toilet.

With technical insights deriving from two of the Creative Directors,
Hiroki Nakmura and Qanta Shimizu who have their roots in engineering,
PARTY seeks “new creative process” that leads to a new output.

In this session, the two Creative Directors will introduce how
engineering and prototyping by Creative Director himself works in the
actual field of creative direction/planning, and what is needed to
realize that.