演出のエンジニアリング Engineering in Direction - FITC
FITC Tokyo 2013
DesignDev
  • 2013-01-26 00:00:00 2013-01-27 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2013 Tokyo, Japan FITC
  • Tokyo, Japan

Presentation

Overview

クリエイティブラボ「PARTY」は、ウェブキャンペーン、テレビコマーシャル、モバイルおよびウェブゲーム、テレビ番組、デジタルサイネージ、TVグラフィックス、書籍、玩具、さらには音声付きトイレまでを手がけています。

エンジニアリング出身の二人のクリエイティブディレクター、中村洋基と清水幹太の技術的な洞察により、PARTYは、新しいものを作り出すための「新しい創造プロセス」を探求します。

このセッションでは、この二人のクリエイティブディレクターが、自身のエンジニアリングやプロトタイピングが、実際のクリエイティブディレクション/プランニングのフィールドでどのように活用され、その実現に何が必要かを紹介します。

The work of a Creative Lab “PARTY” ranges from web campaigns,
TV-Commercials, games on mobile and web, TV shows, digital signage, TV
graphics, books, toys and even a talking toilet.

With technical insights deriving from two of the Creative Directors,
Hiroki Nakmura and Qanta Shimizu who have their roots in engineering,
PARTY seeks “new creative process” that leads to a new output.

In this session, the two Creative Directors will introduce how
engineering and prototyping by Creative Director himself works in the
actual field of creative direction/planning, and what is needed to
realize that.