FITC Tokyo 2016

2016-02-13 00:00:00 2016-02-14 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2016 是非、FITC Tokyo 2016で新しいアイデアやコンセプトを見つけ、デザインとアートに関するテクノロジーの限界を打ち破ってください。どのようにデザイナーや技術者たちが、利用するツールを元々の設計意図を超えたまったく新しい形につくり直し、望むものを手に入れるため新たな方法を見つけ出し、平凡に陥らないために可能性の枠を広げているのか、こうした彼らの挑戦をFITC Tokyo 2016で体感することができます。 今年、7回目を迎えるFITC Tokyo 2016では、世界中から、現在活躍中の魅力的なデジタルクリエイターが来日し、プレゼンテーションを行います。 イベント開催日時:2016年2月13日(土)-14日(日)13:00~18:35(予定)
セッションスケジュールはまもなく公開! 全セッション逐次通訳となります。/ All sessions will be interpreted.
参加対象者 デジタルクリエイターのみなさんです!デザイナー、開発者、デジタルアーティストなど、デジタル空間で何かを創り出している方ならどなたでも大歓迎です。技術的なセッションから、ひらめきを得られるセッションまで、キャリアを問わず役立つセッションが必ず見つかります。 FITCについて FITCは、参加者にインスピレーションを与え、学ぶ場を提供し、課題を投げかける、デザインとテクノロジーに特化したカンファレンスやセミナーを世界中で開催しています。2002年より、トロント、アムステルダム、東京、サンフランシスコ、シカゴ、ソウル、ニューヨーク、ロサンゼルスをはじめ世界の各都市で、志を同じくする専門家や学生を集めたイベントを開催しています。FITCのイベントは常に、インタラクティブ、テクニカル、デザイン、ビジネスに関連する最先端の話題を取り上げ、急速に変化し続ける業界で活動する参加者たちが最新の情報を得るために欠かせない、専門性の向上およびネットワーキングの機会を提供しています。FITCは独自で、または他のイベント団体と協力して、年間を通じて多数のイベントを開催しています。 FITC Tokyo 2016 Discover NEW ideas and concepts, explore and push the limits of technology in design and art at FITC Tokyo 2016. Learn…
Tokyo FITC
Tokyo

Overview

 

今後バーチャル・リアリティの映画を制作する中で、従来型の映画エクスペリエンスを提供するための新たな原則に遭遇するかもしれません。そんな時、方向性を見失わないように、光のある方向に進むとよいでしょう。映画の将来を担っているのは私達で、視聴者と共に魔法の世界を創り出します。

VR担当ディレクタでありクリエイティブ・コンサルタントでもある、MillのECD Rama Allen氏が、自身の考えや経験を披露いたします。映画とゲームのハイブリッド化、バーチャル・リアリティにおけるメモリーの力、視聴者のコラボレーションを想定したクリエイティブの開発について説明します。そしてSFレベルの映画エクスペリエンス実現に向けて、技術、魔法、映画制作の明確な境界線を示します。

As we march forward down the path of creating virtual reality films we stumble across new principles for creating cinematic experiences. To find our way we squint into the light. We conjure the future of film. We make magic with our audiences.

The Mill’s ECD Rama Allen will share his thoughts and experiences as a director and creative consultant for VR. He’ll discuss the hybridization of films and games, the power of memory in virtual reality, creative development in anticipation of audience collaboration, and the fine line between technology, magic and film making as our fingers brush the edge of science fiction level cinematic experiences.