FITC Tokyo 2016

2016-02-13 00:00:00 2016-02-14 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2016 是非、FITC Tokyo 2016で新しいアイデアやコンセプトを見つけ、デザインとアートに関するテクノロジーの限界を打ち破ってください。どのようにデザイナーや技術者たちが、利用するツールを元々の設計意図を超えたまったく新しい形につくり直し、望むものを手に入れるため新たな方法を見つけ出し、平凡に陥らないために可能性の枠を広げているのか、こうした彼らの挑戦をFITC Tokyo 2016で体感することができます。 今年、7回目を迎えるFITC Tokyo 2016では、世界中から、現在活躍中の魅力的なデジタルクリエイターが来日し、プレゼンテーションを行います。 イベント開催日時:2016年2月13日(土)-14日(日)13:00~18:35(予定)
セッションスケジュールはまもなく公開! 全セッション逐次通訳となります。/ All sessions will be interpreted.
参加対象者 デジタルクリエイターのみなさんです!デザイナー、開発者、デジタルアーティストなど、デジタル空間で何かを創り出している方ならどなたでも大歓迎です。技術的なセッションから、ひらめきを得られるセッションまで、キャリアを問わず役立つセッションが必ず見つかります。 FITCについて FITCは、参加者にインスピレーションを与え、学ぶ場を提供し、課題を投げかける、デザインとテクノロジーに特化したカンファレンスやセミナーを世界中で開催しています。2002年より、トロント、アムステルダム、東京、サンフランシスコ、シカゴ、ソウル、ニューヨーク、ロサンゼルスをはじめ世界の各都市で、志を同じくする専門家や学生を集めたイベントを開催しています。FITCのイベントは常に、インタラクティブ、テクニカル、デザイン、ビジネスに関連する最先端の話題を取り上げ、急速に変化し続ける業界で活動する参加者たちが最新の情報を得るために欠かせない、専門性の向上およびネットワーキングの機会を提供しています。FITCは独自で、または他のイベント団体と協力して、年間を通じて多数のイベントを開催しています。 FITC Tokyo 2016 Discover NEW ideas and concepts, explore and push the limits of technology in design and art at FITC Tokyo 2016. Learn…
Tokyo FITC
Tokyo

Overview

Webはユビキタスで広く普及したプラットフォームであり、デジタルエンターテイメントへのアクセス方法として他の追随を許しません。

HTML5ではそれまでのフラットな2次元エクスペリエンスから、流れるような動画、臨場感あふれるグラフィックへと進化しましたが、Webベースのオーディオはまだ遅れています。いくつかのブラウザクライアントで魅力的なオーディオをサポートするために求めている主な機能を使用することで、HTML5開発者はヘルパーアプリケーションやプラグインを使用しなくても、ユーザーにプレミアムオーディオエクスペリエンスを直接届けることができます。

Dolbyのゲーム担当テクニカルマーケティングマネージャである近藤 広明氏が、HTML5開発者向けに、Windows 10Dolby Audioを利用して、オーディオの代表作品にアクセスする方法を説明します。

近藤氏はフォーマットによる効率化によって、Web開発者があらゆるデバイスで一貫性の高い、高品質なマルチチャネルオーディオ再生を実現できるようになる点についても説明します。

目的

Web開発者は、アプリケーションのWebエクスペリエンス向上方法を学ぶことができます。

対象者

Web作業者: 開発者、オーディオエンジニア、ゲーム開発者、スタジオ、クリエイティブエージェンシー

参加者に求められる知識

基本的なWebオーディオ形式、HTML5Javascript

参加者は以下の5つの点を学ぶことができます。

  1. 1. ブラウザでシアター品質のオーディオを実現することができるようになった
  2. 2. Web開発者にとってオーディオの向上が重要な理由
  3. 3. Dolby Audioに対応しているブラウザ
  4. 4. Webでの再生用にファイルをDolby Digital Plusでエンコーディングする方法
  5. 5. Dolby Audioの再生が可能なブラウザへのターゲティング方法

Premium Audio on the Web

The web stands as a ubiquitous, pervasive platform with unmatched access for digital entertainment. As HTML5 fills the gaps between the flat, 2-dimensional experiences of old to bring flowing animations and immersive graphics, web-based audio has lagged behind until now. Using the first of what is expected to be several browser clients to support more engaging audio, HTML5 developers have the ability to deliver premium audio experiences directly to users — no helper applications or plugins needed.

Dolby Technical Marketing Manager for Games, Kondo Hiroaki, will explain how HTML5 developers can take advantage of Dolby Audio in Windows 10 and access the gold standard in audio. Kondo-san will also explain how the format brings efficiencies to Web developers, enabling consistent high quality multi-channel audio playback across devices.

Objective

Web developers will learn how to create a better web experience for their applications

Target Audience

Web workers: Developers, audio engineers, game developers, studios, creative agencies

Assumed Audience Knowledge 

Basic web audio audio formats, HTML5, Javascript

Five things audience members will learn

  1. Theater-quality audio in the browser is now possible
  2. Why better audio is important to Web Developers
  3. Which browsers support Dolby Audio
  4. How to encode files in Dolby Digital Plus for Web playback
  5. How to target browsers capable of delivering Dolby Audio