FITC Tokyo 2016

2016-02-13 00:00:00 2016-02-14 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2016 Now in its seventh year, FITC Tokyo 2016 consists of presentations from some of the most interesting and engaging digital creators from all around the world. Tokyo FITC JST Tokyo

Overview

Webサイトの構築を成功させるために必要なスキルは増え続けています。ではクリエイティビティを維持しながら、高品質な素晴らしいサイトを迅速に構築するにはどうすればよいのでしょうか? AdobeのJoin Brian ThomasとRyan Stewartが、クリエイティブなプロセスでは妥協せずに、デザイナーが可能性を高めるにはどうすればよいのかを詳細に説明します。中心となる議論は、デザイナーがどの程度コーディングしなければならないのか、開発者がどの程度デザインしなければならないのか、という点です。

目的

クリエイターにインスピレーションを吹き込み、典型的なレイアウトから脱して、美しいWebが作れるようにします。

対象者

Webサイトのデザイン、開発に携わるすべての人

参加者は以下の5つの点を学ぶことができます。

1 – レスポンシブデザインの一般的な落とし穴とその回避法

2 – モダンなWebデザインのインスピレーションをどこから得ればよいのか

3 – Adobe Museを使って、デザイナーがコーディングなしでWebサイトを作成する方法

4 – Dreamweaverでのコードとビジュアルツールの組み合わせによるWeb構築方法

5 – コーディングすべきか、せざるべきか、という普遍的な問いに対する答え

The Perfect Web Designer

The list of skills required to build a successful website keeps growing. So how do you build a great site with speed and quality while sticking to your creative vision? Join Brian Thomas and Ryan Stewart from Adobe as they hash out how designers grow their capabilities without compromising their creative process. At the heart of the debate: How much should designers be coding and developers be designing?

Objective

Inspire creators to go beyond typical layouts and make the web beautiful.

Target Audience

Anyone who designs or develops websites

Five things audience members will learn

  1. Common pitfalls in responsive design and how to avoid them
  2. Where to find inspiration for modern web design
  3. How Adobe Muse helps designers create websites without code
  4. How Dreamweaver allows you combine code and visual tools when building for the web
  5. Answer to the recurring question: to code, or not to code?