FITC Tokyo 2016

2016-02-13 00:00:00 2016-02-14 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2016 是非、FITC Tokyo 2016で新しいアイデアやコンセプトを見つけ、デザインとアートに関するテクノロジーの限界を打ち破ってください。どのようにデザイナーや技術者たちが、利用するツールを元々の設計意図を超えたまったく新しい形につくり直し、望むものを手に入れるため新たな方法を見つけ出し、平凡に陥らないために可能性の枠を広げているのか、こうした彼らの挑戦をFITC Tokyo 2016で体感することができます。 今年、7回目を迎えるFITC Tokyo 2016では、世界中から、現在活躍中の魅力的なデジタルクリエイターが来日し、プレゼンテーションを行います。 イベント開催日時:2016年2月13日(土)-14日(日)13:00~18:35(予定)
セッションスケジュールはまもなく公開! 全セッション逐次通訳となります。/ All sessions will be interpreted.
参加対象者 デジタルクリエイターのみなさんです!デザイナー、開発者、デジタルアーティストなど、デジタル空間で何かを創り出している方ならどなたでも大歓迎です。技術的なセッションから、ひらめきを得られるセッションまで、キャリアを問わず役立つセッションが必ず見つかります。 FITCについて FITCは、参加者にインスピレーションを与え、学ぶ場を提供し、課題を投げかける、デザインとテクノロジーに特化したカンファレンスやセミナーを世界中で開催しています。2002年より、トロント、アムステルダム、東京、サンフランシスコ、シカゴ、ソウル、ニューヨーク、ロサンゼルスをはじめ世界の各都市で、志を同じくする専門家や学生を集めたイベントを開催しています。FITCのイベントは常に、インタラクティブ、テクニカル、デザイン、ビジネスに関連する最先端の話題を取り上げ、急速に変化し続ける業界で活動する参加者たちが最新の情報を得るために欠かせない、専門性の向上およびネットワーキングの機会を提供しています。FITCは独自で、または他のイベント団体と協力して、年間を通じて多数のイベントを開催しています。 FITC Tokyo 2016 Discover NEW ideas and concepts, explore and push the limits of technology in design and art at FITC Tokyo 2016. Learn…
Tokyo FITC
Tokyo

Overview

Webサイトの構築を成功させるために必要なスキルは増え続けています。ではクリエイティビティを維持しながら、高品質な素晴らしいサイトを迅速に構築するにはどうすればよいのでしょうか? AdobeのJoin Brian ThomasとRyan Stewartが、クリエイティブなプロセスでは妥協せずに、デザイナーが可能性を高めるにはどうすればよいのかを詳細に説明します。中心となる議論は、デザイナーがどの程度コーディングしなければならないのか、開発者がどの程度デザインしなければならないのか、という点です。

目的

クリエイターにインスピレーションを吹き込み、典型的なレイアウトから脱して、美しいWebが作れるようにします。

対象者

Webサイトのデザイン、開発に携わるすべての人

参加者は以下の5つの点を学ぶことができます。

1 – レスポンシブデザインの一般的な落とし穴とその回避法

2 – モダンなWebデザインのインスピレーションをどこから得ればよいのか

3 – Adobe Museを使って、デザイナーがコーディングなしでWebサイトを作成する方法

4 – Dreamweaverでのコードとビジュアルツールの組み合わせによるWeb構築方法

5 – コーディングすべきか、せざるべきか、という普遍的な問いに対する答え

The Perfect Web Designer

The list of skills required to build a successful website keeps growing. So how do you build a great site with speed and quality while sticking to your creative vision? Join Brian Thomas and Ryan Stewart from Adobe as they hash out how designers grow their capabilities without compromising their creative process. At the heart of the debate: How much should designers be coding and developers be designing?

Objective

Inspire creators to go beyond typical layouts and make the web beautiful.

Target Audience

Anyone who designs or develops websites

Five things audience members will learn

  1. Common pitfalls in responsive design and how to avoid them
  2. Where to find inspiration for modern web design
  3. How Adobe Muse helps designers create websites without code
  4. How Dreamweaver allows you combine code and visual tools when building for the web
  5. Answer to the recurring question: to code, or not to code?