FITC Tokyo 2010
DesignDev
  • 2010-12-04 00:00:00 2010-12-04 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2010 Tokyo, Japan FITC
  • Tokyo, Japan

Presentation

Overview

物理学と音を組み合わせることによって、振動し、脈動するオブジェクトと、新しく、そして素晴らしい関係を結ぶことができます。アンドレ・ミシェルは、ゲーム、物理学、オーディオプログラミングにおける彼の経験すべてを組み合わせ、音、リズム、そしてやがては美しい音楽デバイスを生み出すための新しいアプローチを開発してきました。これらのアプローチはすべて物理学を参照しているため、各例は視覚的に分かりやすく、見て楽しめるようになっています。

Pulsatile Crackle
By combining physics with sound, one can enter a wonderful new relationship of oscillating, pulsating objects. Andre Michelle combines all of his experience in game, physics and audio programming to develop new approaches in generating sounds, rhythms, and eventually beautiful musical devices. Since all of these approaches have physical references, each example is visually comprehensible and fun to watch.