FITC Tokyo 2011
DesignDev
  • 2011-12-03 00:00:00 2011-12-04 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2011 Tokyo, Japan FITC
  • Tokyo, Japan

Presentation

Overview

Flashでの画像処理、リアルタイムパフォーマンス向上の難しさ、そのスピードアップ 技法について説明します。このセッションでは、事前に定義された画像パターンのロー カライズに使用可能な、画像フィーチャーポイントの高速で効率的な検出方法につい ても紹介します。つまり、通常の画像を、拡張現実エクスペリエンス用のマーカーと して使用することができるのです。

I will talk about image processing stuff in Flash, how hard to achieve realtime performance and what tricks can be used to speed it up. The session will cover fast and efficient ways to detect image feature points that can be used to localize predefined image patterns. That means you will be able to use any regular image as marker for Augmented Reality experience