FITC Tokyo 2016
DesignDev
  • 2016-02-13 00:00:00 2016-02-14 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2016 Tokyo FITC
  • Tokyo

Presentation

Overview

 

今後バーチャル・リアリティの映画を制作する中で、従来型の映画エクスペリエンスを提供するための新たな原則に遭遇するかもしれません。そんな時、方向性を見失わないように、光のある方向に進むとよいでしょう。映画の将来を担っているのは私達で、視聴者と共に魔法の世界を創り出します。

VR担当ディレクタでありクリエイティブ・コンサルタントでもある、MillのECD Rama Allen氏が、自身の考えや経験を披露いたします。映画とゲームのハイブリッド化、バーチャル・リアリティにおけるメモリーの力、視聴者のコラボレーションを想定したクリエイティブの開発について説明します。そしてSFレベルの映画エクスペリエンス実現に向けて、技術、魔法、映画制作の明確な境界線を示します。

As we march forward down the path of creating virtual reality films we stumble across new principles for creating cinematic experiences. To find our way we squint into the light. We conjure the future of film. We make magic with our audiences.

The Mill’s ECD Rama Allen will share his thoughts and experiences as a director and creative consultant for VR. He’ll discuss the hybridization of films and games, the power of memory in virtual reality, creative development in anticipation of audience collaboration, and the fine line between technology, magic and film making as our fingers brush the edge of science fiction level cinematic experiences.