FITC Tokyo 2016
DesignDev
  • 2016-02-13 00:00:00 2016-02-14 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2016 Tokyo FITC
  • Tokyo

Presentation

Overview

過去10年間、Nicholas Felton(ニコラス・フェルトン)はフェルトン年報と総称される

一連のプロジェクトで自身の人生を体系的に表現し、公開してきました。

この年報はジャーナルが昔から懸念しているデータ表現技法にも適用でき、Feltonの現在の主な活動分野であるライフロギングにも役立っています。

今回の講演では、Feltonが自身のデータ収集方法を紹介し、レポート作成における文章やデザインのこだわりについても披露してくれます。

目的

パーソナルプロセスとは、フェルトン年報作成の動機と技法を紹介するためのものです。

対象者

デザイナー。データを使って作業をしている人や、文章を書くことに興味がある人。

5つのポイント

  1. 新しいデザイン媒体としてのデータの重要性。
  2. 統計データに人間性を持たせる方法。
  3. データ収集を成功させる方法。
  4. 一連のデータを伝える技法。
  5. メタデータの繊細さ。

Personal Processes

For the past decade, Nicholas Felton has methodically captured and shared his life in a series of projects collectively known as the Feltron Annual Reports. These reports apply data visualization techniques to the age-old concerns of the journal and have contributed to the current field of lifelogging. In this talk, Nicholas will share his methods for data collection as well as his narrative and design concerns while creating his reports.

Objective

Personal Processes is an introduction to the motivations and techniques behind the Feltron Annual Reports.

Target Audience

Designers. Anyone working with data or interested in storytelling.

Five Takeaways

  1. The importance of data as a new design medium.
  2. How to humanize statistics.
  3. Successful strategies for collecting data.
  4. Techniques for communicating a data set.
  5. The sensitivity of meta-data.