FITC Tokyo 2016
DesignDev
  • 2016-02-13 00:00:00 2016-02-14 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2016 Tokyo FITC
  • Tokyo

Presentation

Overview

Jessicaが生物学、建築、コンピュータサイエンスとファッションのマッシュアップの試みについて詳説します。ボディスキャンデータを基にすべてをロボットで作成した前衛的なドレスから、突然変異した植物やサンゴのアルゴリズム研究まで、内容は多岐にわたります。このプレゼンテーションでは、過去9年間に自身のデザインスタジオ、Nervous Systemで制作したプロジェクトをいくつか紹介しながら、デジタルファブリケーションの可能性と課題について述べます。また、将来的なデザイン、ファッション、製造に関する問題提起を行います。

目的

ジェネラティブデザインとデザインファブリケーソションによって制作方法に変化をもたらしている、アート、サイエンス、テクノロジーの交差点を模索します。

対象者

デザイナー、メーカー、クリエイティブコーダーなど

参加者は以下の5つのポイントを学習可能

  1. 1. よりよいデザインソフトウェアのパラダイムとして、自然がどのように役立つのか?
  2. 2. 生物学者/建築家/コンピュータサイエンティストがコラボレーションすると何が起こるのか?
  3. 3. 花、葉、ウミウシの共通点は?
  4. 4. 3D印刷の可能性と課題は?
  5. 5. 4D印刷とは何か?

Dress/Code

Jessica will dissect her attempts to mash-up biology, architecture, computer science and fashion. From futuristic dresses generated from body scans and made entirely by robots to algorithmic studies of mutant plants and coral. This talk will take your through some of the projects she has created over the last 9 years at her design studio, Nervous System, while examining the possibilities and challenges of digital fabrication and raising questions about the future of design, fashion and manufacturing.

Objective

An exploration of the intersection of art, science and technology where generative design and digital fabrication are changing the way we create

Target Audience

Designers, makers, creative coders, etc

Five things audience members will learn

  1. How can nature serve as a paradigm for better design software?
  2. What happens when a biologist/architect and a mathematician/computer scientist collaborate?
  3. What do flowers, leaves and sea slugs have in common?
  4. What are the possibilities and challenges of 3D printing?
  5. What is 4D printing?