FITC Tokyo 2013
DesignDev
  • 2013-01-26 00:00:00 2013-01-27 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2013 Tokyo, Japan FITC
  • Tokyo, Japan

Presentation

Overview

この講演では、シャンテル・マーティンが、パフォーマンスやコラボレーションのツールとしてのアナログとデジタルのドローイングを探究して見せます。物理的遅延を最小限に抑え、リアルタイムでパフォーマンスを行うための即興技法の向上について垣間見ることができるでしょう。

これまでの作品を紹介しながら、マーティンの記号、文字、ドローイング言語もいくつか取り上げられます。さらに、次のプロジェクトについての話も聞くことができます。

In this talk Shantell Martin will explore the use of analogue and digital drawing as a tool for performance and collaboration, We will take a look at ways of improving improvising skills to aid performing in real-time with minimal physical delay.

The talk will also introduce you to a variety of past projects highlights a number of Martin’s symbols, characters and drawing language. Finally we will hear what’s coming next in near future projects.