FITC Tokyo 2015
DesignDev
  • 2015-02-07 00:00:00 2015-02-08 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2015 Tokyo FITC
  • Tokyo

Presentation

Overview

FITC Tokyo 2011でリカルド氏が「リアルタイムの追求」というプレゼンテーションを行ってから4年が経過しました。以来、リカルド氏はプレゼンテーションと同様な内容の作品を制作するために、WebGLライブラリやツールを開発してきました。すべての開発作業はオープンな環境で行い、誰でも再利用、変更、改善が行えるようにしています。 今回の講演では、リカルド氏は開発プロセスのウォースルーを行い、完了したプロジェクト例の紹介や、現在のワークフローの概要説明を行います。

目的

リアルタイム制作へのインスピレーション提供。

対象者

Webデザイナー、Web開発者、ストーリーテラー

 

Achieving Realtime

Its been 4 years since Ricardo presented “Pursuing Realtime” at FITC Tokyo 2011. Since then, Ricardo, has been developing WebGL libraries and tools that allow him to create similar works to the ones presented. All the development has been done in the open, allowing anyone to reuse, modify and make improvements.

During this talk, Ricardo will walk through the development process, show examples of completed projects and summarise the current workflow.

Objective

Inspire the creation of realtime works.

Target Audience

Web Designers, Web developers, Storytellers