FITC Tokyo 2016
DesignDev
  • 2016-02-13 00:00:00 2016-02-14 00:00:00 America/Toronto FITC Tokyo 2016 Tokyo FITC
  • Tokyo

Presentation

Overview

デザインや制作するあらゆるものには、愛される能力が備わっている、そのような能力を備えさせることができる、と言うことをBrendanが立証してくれます。これは、彼にとって、非常に人間らしい欠点を備えた物作りを意味しています。こういった特徴を備えたものが、人に理解され、愛されるという法則があります。このプレゼンテーションでは、iPhoneアプリ、物理的につながったものなど、非常にシンプルでありながら、人とコンピュータのインタラクティブデザインの核となるべき法則を盛り込んだ自身の作品を紹介します。

目的

マシンではなく、人のためになるインタラクティブな作品を作成すること。

対象者

デザイナー、開発者、コーディング担当者、アーティストなどあらゆる人。

参加者は以下の5つのポイントを習得できます。

  1. 完璧さというものが過大評価されている。
  2. 物を作り、物を壊すこともプロセスの一環。
  3. 公開して反響を楽しむこと。
  4. 素朴さが素晴らしい訳。
  5. デザインに滋味(独特の持ち味)を盛り込むことで評価が大幅に高まる。

Things Imperfect

Brendan will prove that any object, anything that is designed or made, can and should be imbued with the capacity to be loved. To him, that means creating objects with almost human-like flaws; idiosyncrasies that people can latch on to and learn to fall in love with. In this talk, Brendan takes you through the objects he makes, from iPhone apps to physically-connected objects and how he attempts to keep them both beautifully simple, yet alive with the poetry that he believes should be at the heart of all human-computer interactive design.

Objective

Creating interactive work for people, not machines.

Target Audience

Everyone – designers, developers, coders, artists and more.

Five things audience members will learn

  1. Perfection is overrated.
  2. Making and breaking things is part of the process.
  3. Publish and be damned.
  4. How naivety can be a good thing.
  5. How subtleties within your designs can bring big rewards.